株式会社TNSカンパニー|多機能型就労支援事業所

クリエイティブなコミュニケーション戦略は伝わる!!

皆さん、こんにちは。

さて、先日、近畿大学総務部広報室室長である、加藤公代氏の講演を拝聴しました。

とても勉強になりました。

広報室ですので、広告・広報戦略を担当しておられるのですが、単に広報ではなく、”コミュニケーション”!

その柔軟な発想は、数々の「日本初」を実現!!

「伝えた」ではなく、「伝わったか」が重要。たとえ、批判が多かろうと、それは広く「伝わった」証!!

伝わっていなければ批判さへなく、世間はノーリアクション。知らないことにアクションはできませんからね。

常に固定概念を打ち破ることが、「伝わったか」のポイントかもしれません。

 

これは、就労支援でも使えます!

訓練生は日々、自分のことを企業に伝える練習をしています。面接場面、実習場面などで必ず必要となる技術だからです。

自分のこと、長所短所、障害特性などを伝えることが求められます。

そこでは、やはり「伝えた」ではなく、「伝わったか」がとても重要です!

ただ伝えても、それは企業担当者の心には残りにくい、伝わらなければ企業も動きようがない!

近畿大学総務部広報室室長 加藤公代氏の戦略を今後の参考に、どのように伝えれば、伝わるのかを訓練生とともに考えていきたいと思います!!

近代流コミュニケーション戦略を取り入れた就労支援が面白い!!


株式会社TNSカンパニー